知ってる?正しい頭皮と毛髪のケア

頭皮と髪の毛を守るために

髪質を変えるポイント

低刺激であることを優先して、シャンプーを選んでください。 刺激が大きいシャンプーでは、頭皮や髪の毛にダメージを与えるので逆効果です。 さらにシャンプーと一緒にトリートメントも使うと、綺麗な髪の毛を育てることができます。 メーカーを揃えて活用しましょう。

余計な力は加えないように

時々爪を立てて、力強く髪の毛を洗う人がいます。 しかしそれは間違っている方法なので、改めてください。 頭皮や髪の毛は、軽い力で洗っただけでも汚れを落とせます。 またシャンプーを洗い流す時に、熱湯は使わないでください。 少しでも、ダメージを削減できるように工夫しましょう。

ドライヤーの使い方を知ろう

丁寧にシャンプーやトリートメントをしても、ドライヤーが雑では意味がありません。 正しいドライヤーの使い方を覚えて、これからのケアに活かしてください。 注意することは、熱風を頭皮や髪の毛に当てすぎないことです。 熱風がダメージになると、覚えておきましょう。

どんなシャンプーが良いのか

まずは、シャンプーを見直してください。
刺激が大きいシャンプーでは、頭皮や髪の毛を傷つけてしまうのでおすすめできません。
低刺激と、パッケージに書かれているシャンプーを使ってください。
さらにシャンプーだけで満足するのではなく、トリートメントも使いましょう。
シャンプーとトリートメントはメーカーを揃えることで、効果をより大きくさせられます。
口コミなども見て、希望に一致するシャンプーとトリートメントを買いましょう。

シャンプーをする前に、まずは髪の毛をとかしてください。
絡まっている部分があれば、丁寧にほどきましょう。
それから、シャンプーを行います。
この時は爪を立てず、指の腹を使って揉むように洗うことがコツです。
爪を立てると頭皮が傷ついて、ダメージを負うので注意してください。
またシャンプーを洗い流す時は、ぬるま湯を使いましょう。

お風呂から上がったら、すぐに髪の毛を乾かしてください。
ゆっくり休んだり水分を補給したりしたいかもしれませんが、髪の毛を乾かすことを何よりも優先しなければいけません。
髪の毛が塗れている状態だと、キューティクルが開いてしまいます。
するとダメージが蓄積されて切れやすくなったり、枝毛になったりするので丁寧に乾かしてください。
ドライヤーを使うのが良い方法ですが、熱風の当てすぎに注意しましょう。
髪の毛や頭皮は、高い温度に弱いです。
そのため、離れた位置からドライヤーの熱風を当ててください。