頭皮と髪の毛を守るために

>

余計な力は加えないように

指の腹を使うのが正しい方法

いきなりシャンプーをするのは、間違っている方法です。
最初は、髪の毛をブラッシングしましょう。
絡まっている部分は力任せにほどくのではなく、丁寧にゆっくりとかしてください。
それから髪の毛を濡らしてシャンプーを泡立てると、効率良く汚れを落とせます。
シャンプー中は、基本的に爪を立てないでください。

指の腹を使い、マッサージする感覚で洗うと良いですね。
マッサージすることで頭皮の血行が良くなり、丈夫な髪の毛を生やすことに繋がります。
逆に爪を立てて洗うと、頭皮が傷ついてしまいます。
すると傷を修復するのにエネルギーを使い、髪の毛を育てることができません。
頭皮や髪の毛はデリケートなので、優しく扱うことを心がけましょう。

最も良いのはぬるま湯

しっかりと頭皮や髪の毛をケアするのであれば、お湯の温度にも気を付けてください。
熱湯でも冷水でもなく、ぬるま湯を使うのがベストです。
気持ち良いと感じる温度になるまで調整して、泡を全て洗い流しましょう。
まだ泡が残っていると、次第にそれが汚れになって溜まります。
洗い流す時も余計な力を加えず、優しく頭皮や髪の毛を扱いましょう。

この時に熱湯を使うと、頭皮の皮脂が流れてしまいます。
大量に皮脂がある状態はいけませんが、多少は頭皮に潤いを与えるために必要です。
頭皮が潤うことで、丈夫な髪の毛をたくさん育てることができています。
そのため、ぬるま湯を使いましょう。
ぬるま湯だったら、不必要な皮脂だけを洗い流すことが可能です。


Share