頭皮と髪の毛を守るために

>

ドライヤーの使い方を知ろう

一定の距離を維持しよう

基本的にドライヤーは、髪の毛から15センチほど離して使ってください。
それ以上近づけると、熱風によってダメージを与えてしまいます。
頭皮や髪の毛を乾かすためにドライヤーは絶対に必要な存在ですが、使い方を間違えるとダメージを蓄積させると忘れないでください。
またお風呂から上がったらすぐに乾かすことで、キューティクルをすばやく閉じることができます。

髪の毛が濡れている状態だとキューティクルが開き、ダメージが蓄積されます。
ですから乾かすことを優先し、洗面所ではすぐドライヤーを使える状態を作っておくのが良い方法です。
また、頭皮を乾かすことを心がけてください。
毛先だけ乾き、頭皮がまだ濡れている状態では意味がありません。

熱から守る工夫

髪の毛をバリアできる機能が備わっている、トリートメントを使うのが良い方法です。
ドライヤー前に塗り込むことで、熱風を当てても髪の毛にダメージが蓄積されることはありません。
また、タオルを使うのもおすすめです。
タイルを被って、その上からドライヤーの熱風を当ててください。
するとタオルがバリアのような機能をはたし、ダメージを軽減させられます。

そのように工夫して、なるべく頭皮や髪の毛に熱風を当てないように注意しましょう。
ドライヤーが終わったら、ブラッシングをして終了です。
注意することが多いですが、複雑ではありません。
毎日正しいケアを続けることで、綺麗で丈夫な髪の毛を育てられます。
今日から、ケアに力を入れましょう。


Share